奥只見地下発電所内部見学、奥只見湖遊覧船、長岡野菜を味わう

皆さん、こんにちは!
杉森です。
過ごしやすい時期となり、どこか旅行に行きたいと感じる季節となりました。
実は私、9月16日(金)出発「奥只見地下発電所内部見学と奥只見湖遊覧船、長岡野菜を味わう 2日間」のツアーへ添乗員として同行してきました。


地下発電所の内部見学ができると知った瞬間、私も見学したい!!
そんな思いから企画をしました。
昨年はツアー造成に間に合わず1年越しのツアー。
普段なかなか口にすることのできない長岡野菜を味わい、上越市にある古刹を訪ねたり、新潟県の魅力を改めて感じる、まさに大人の社会見学。
その時のツアー模様をお伝えしますね!


【1日目】
訪ねる場所がお隣、新潟県。
移動も短いため、ゆっくり出発です。


上越市を代表する古刹、林泉寺と五智国分寺を拝観します。
現地ガイドの方に案内をお願いしました。


林泉寺.jpg
上杉謙信が幼少期に修学した場所「林泉寺」
宝物館内では、館長さんから更に詳しくご説明をして頂きました。


五智国分寺.jpg
五智国分寺にある三重塔。
上越市内では唯一の搭です。
よく見ると、欄干が未完成のままです。
本堂は大火にみまわれ、平成9年に再建されました。


初日昼食.jpg
昼食は、伝統野菜の長岡野菜を使用した中華料理。
どの食事場所でも長岡野菜が頂けるとは限りません。
色々調べた結果、長岡グランドホテルで味わえることが分かりました。


長岡野菜.jpg
神楽南蛮、大口れんこん入り、豚肉のオイスターソース炒めを含む、7品。
わざわざメニュー表も作って頂きました。
本当にありがとうございます。


弥彦神社.jpg
お腹もいっぱいになった所で、新潟県最大のパワースポットとして名高い「弥彦神社」を参拝します。
日本最古の万葉集にも弥彦神社を詠んだ歌もあるほど、由緒ある神社です。
主祭神は、天香山命(あまのかごやまのみこと)、天照大神の孫だそう。


重軽石.jpg
「重軽の石」
ただの石ではありません。
願い事を頭の中で思い浮かべながら石を持ち上げます。その時、軽いと感じたのならば、その願い事は叶う、逆に重く感じたならば、願い事が叶わない(叶うまで時間が叶う)と言われています。


バスガイドさんとやってみることに!
・・・かなり重く感じました。
帰りの参道をどんよりとした沈んだ気持ちを抱えながら、バスガイドさんからも「叶うのに時間がかかるだけだから」と慰めてもらうという結果に。


ニューオータニ長岡.jpg
どんよりとした気分を変え、宿泊先の長岡市へ向かいます。
長岡駅より徒歩1分にある、ホテルニューオータニ長岡です。
駅前(大手門口)に出ると、飲食店もあり、各自夕食であっても問題はありませんでしたよ。


【2日目】
ツアーのメインでもある、奥只見地下発電所へ向かうには・・
銀山平までシルバーラインを通ります。


シルバーライン.jpg
銀山が採掘されたことに由来をし、シルバーラインと呼ばれています。
採掘された場所は、現在はダムの下です。
全長22kmのルート(銀山平までは18km)ですが、その内18kmは19のトンネルにより完成された道です。
高さ制限プラス道幅も狭い上、対面通行と運転手さん泣かせの道。
整備されていますが、一部ゴツゴツとした岩肌を見ると建設当時が偲ばれます。


無事、銀山平に到着。
運転手さん、本当にお疲れ様でした。


遊覧船.jpg
バスから遊覧船に乗り換え、奥只見へ向かいます。


奥只見湖.jpg
赤・黄色に色付く前の景色を眺めながら乗船すること約40分。
波も穏やか、ほぼ貸切状態の遊覧船。
ここは映画「ホワイトアウト」の撮影地としても有名です。


電気を生み出すために造られた専用の湖です。雨が降っても濁らないそう。
奥只見電力館の館長さんより、奥只見地下発電所について説明をして頂きます。
ダムとトンネル工事に携わった就業者は約600万人、117人の尊い犠牲のもと、約4年の歳月をかけ昭和36年に東洋一の人造湖でもある奥只見ダムが完成しました。


立入禁止区域.jpg
一般の方は立入ることが出来ません。


地下連結通路.jpg
安全のため、ヘルメットをかぶり、2基のエレベターを乗り継ぎ、200m下降します。
真夏でも平均気温は10度前後。少し肌寒さを感じる場所でした。
見学風景の写真を掲載したいのですが、立入禁止区域のため、掲載は不可とのことでした。


奥只見ダム.jpg
高さ157m。
日本最大級の貯水量を誇る(黒部ダムの約3倍)巨大なダムに圧巻です。


ケーブルカー.jpg
奥只見ターミナルまで約10分歩いて下る方法、スロープカーで下る方法があります。
物珍しさも相まって、スロープカーに私も乗車しました。
ちなみに片道100円です。


雪中貯蔵庫のある酒蔵を見学し、富山県に戻ります。
奥只見周辺は、例年10月中旬から11月上旬が紅葉の見頃です。
紅葉の見頃時期にツアーを設定したらいいのでは?と思われるかもしれません。
内部見学は10月10日前後で終了となるため、その時期に設定することができないのです。
紅葉時期で混雑する前の静かな状態で見学して頂けたこと、傘要らずの天候だったこと、大きなトラブルも無く過ごせたこと、ご参加頂いた皆様のお陰です。


私自身、貴重な体験をさせて頂きました。
今回ご参加を頂いた皆様、本当にお疲れ様でした。
また、ご一緒できる日を楽しみにしております。(杉森沙織)


 

posted by KITANIPPON-TOURS at 2016年09月20日 14:01