立山アルペンルート通り抜けと軽井沢散策の旅

皆様、こんにちは!
富山でも連日、30℃を超える日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
北日本新聞旅行会ではこの暑さから逃れようということで『涼しい夏旅 アルペンルート通り抜けと軽井沢散策の旅』を催行させて頂きました。

観光バスで室堂まで登り、室堂駅からアルペンルートの通り抜けが始まります。

室堂駅に向かうまでも見どころはたくさん

s-立山杉.jpg
樹齢100年を超える立山杉

称名滝@.JPG

称名滝A.JPG
出発時は天気も良く、称名滝もきれいに見えます

s-室堂ターミナル.jpg
山の天気は変わりやすいとよく言われますが、室堂ターミナル到着時には霧がかかり全く何も見えませんでした・・・

室堂 立山.JPG
標高2,450m いよいよ通り抜けが始まります

立山〜大観峰へは立山トンネルトロリーバスへ乗車
トロリーバスは普通のバスとは違って、ガソリンではなく電気を動力として走ります

大観峰〜黒部平へはロープウェイで
s-大観峰 ロープウェイ.jpg

室堂駅出発時には全く景色が見えなかったので心配していましたが、大観峰到着時には天候も回復

ロープウェイからの景色.JPG
ロープウェイからも素晴らしい景色をお楽しみいただけました


s-黒部平.jpg
標高1,828m 黒部平からの絶景

ケーブルカー.JPG
黒部平〜黒部湖へ向かうケーブルカー

s-黒部ダム.jpg
様々な乗り物を乗り継ぎ、ようやく黒部ダムに到着

s-遊覧船ガルベ.jpg
まずは遊覧船ガルベに乗船し、黒部ダムを巡ります

s-黒部ダム 観光放水.jpg
アルペンルート最大の目玉 黒部ダムの観光放水
186mという日本一高いダムえん提から眺める放水は圧巻!
毎秒10トン以上の水が水煙をあげ、河床からの風で水しぶきがえん堤まで舞い上がっていました

通り抜けもいよいよ終盤へ
黒部湖よりトロリーバスへ乗車し、執着点の扇沢駅へ
扇沢駅では観光バスが先回りし、宿泊地の戸倉上山田温泉を目指しました


ツアー2日目は、こちらも日本有数の避暑地として知られる軽井沢へ

まずは国の重要文化財に指定されている旧三笠ホテルへ
カラマツ林の中に静かなたたずまいをみせる洋館で、当時は「軽井沢の鹿鳴館」としてその名を馳せていました
s-旧三笠ホテル外観.jpg

s-旧三笠ホテル 部屋.jpg

s-旧三笠ホテル バルコニー.jpg


やはり避暑地という事で軽井沢の散策だけでも十分に涼しく感じられましたが、さらなる涼を求めてバスは森の中へ
緑のトンネルをくぐると、人気の観光スポット「白糸の滝」が
白糸の滝ではマイナスイオンとさわやかな高原の風を満喫できました


涼しさを求めた本ツアー
涼しい所で2日間過ごしていたので、富山に帰ってからの暑さはやはり応えましたが、ご参加の皆様は体調を崩されてはいないでしょうか?
皆様のご協力もありまして、何事もなくツアーを終了することができました
ご協力ありがとうございました

2016年も折り返し地点を過ぎましたが、北日本新聞旅行会ではまだまだ魅力いっぱいの企画をお届けしたいと考えております。今度とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。(吉村 拓真)
posted by KITANIPPON-TOURS at 2016年08月11日 11:19