青森・蔦の七沼と奥入瀬渓谷の絶景、奥州・平泉 世界遺産めぐり 東北の紅葉満喫ツアー

皆様、こんにちは!
北日本新聞旅行会では東北の紅葉満喫ツアーが10月26日(水)〜28日(金)の3日間で催行ささせていただきました。

【1日目】
北陸新幹線と東北新幹線を乗り継ぎ初日は新青森まで。貸切バスに乗り換え東北を南下していきました。
まず最初の青森では『ねぶたの家 ワ・ラッセ』でねぶたを見学。実際の祭りでも出陣したねぶたを展示しています。

ねぶた@.jpg

ねぶたA.jpg


【2日目】
2日目最初の見学地は本ツアーみどころの蔦の七沼散策です。
蔦の七沼は青森県の奥座敷・南八甲田の中腹にたたずむ蔦温泉の周辺、ひっそりとしたブナの森にある一度は見たい紅葉の絶景地として有名な場所です。

七沼 鏡沼.jpg

七沼 紅葉@.jpg

七沼 紅葉B.jpg

今年はブナの生育不作との事でしたが、それでも見応え十分の景色。蔦沼から始まり全部で7つの沼を1時間かけて散策を楽しみました。


紅葉めぐりはまだまだ続きます。次の紅葉スポットは奥入瀬渓流。
深い自然林におおわれ、千変万化の水の流れが生む躍動感あふれる景観が見どころ。両岸に迫る断崖は、軽石や火山灰が高温の状態で堆積し、熱と自重によって生成された溶結凝灰岩といわれるもので、奥入瀬の景観に迫力をもたらしています。紅葉の名所としても有名で、毎年多くの人々が訪れます。

奥入瀬渓流.jpg

奥入瀬渓流 白糸.jpg

【3日目】
ツアー最終日は世界遺産認定を受けている平泉をめぐります。
まず初めは中尊寺。中尊寺では現在、世界遺産登録5周年を記念して『秘仏・一字金輪佛頂尊』が公開中でした。
しかしながら、金色堂も一字金輪佛頂尊も撮影不可の為、写真はありませんが・・・

中尊寺 案内図.jpg

中尊寺 本堂.jpg

中尊寺 旧金色堂.jpg

3日目の昼食は平泉の名物であるもち料理をお召し上がりいただきました。

もち料理 (2).jpg

昼食の後は本ツアー最後の見学地である厳美峡へ。厳美峡は一関市内へと流れる磐井川の浸食によって形成された、奇岩、怪岩、深淵、甌穴に滝と、訪れる人々を魅了するダイナミックな景観が楽しめる景勝地です。また、岩場のカゴにお金を入れると、対岸からロープ伝いにカゴが飛んでくる厳美渓名物の「空飛ぶだんご」も見て楽しい、食べて美味しい名物です。

厳美峡@.jpg

厳美峡 滑車だんご.jpg


今年も残すところあと2か月となりました。皆様今年はどこに旅行に行きましたか?
富山も最近ではだんだんと寒くはなってきましたが、かといって家に引きこもっていてはもったいない。
こんな時こそ温かい所へ旅行なんていうのもいいのではないでしょうか?

北日本新聞旅行会では皆様に安心・安全・満足の企画をお届けしたいと考えております。どうぞ今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。皆様とお会いできることを楽しみにしております。(吉村 拓真)

posted by KITANIPPON-TOURS at 2016年10月31日 17:48