北川村「モネの庭」マルモッタンとベネッセハウスに泊まる直島アートめぐり

皆様、こんにちは!
杉森です。
毎日暑い日が続き、気がつけば7月半ばになりました。
7月13日(水)出発「北川村「モネの庭」マルモッタンとベネッセハウスに泊まる直島アートめぐり」へ添乗員として同行しました。


「モネの庭」で実際の睡蓮を観賞し、現代アートの聖地、直島でクロード・モネが描いた「睡蓮」を観賞します。直島を観光するツアーは何度か企画をしましたが、機会があれば北川村を入れたツアーにしようと決めていました。
今回も私のこだわりを随所に入れたツアーとなりましたが、22名様にご参加を頂きました。
誠にありがとうございます。
天候にも恵まれ、本当に暑い中での観光となりましたが、その時の模様をお伝えしますね。


【1日目】
「モネの庭」マルモッタンはどこにあるの?
マルモッタンって何??
・・・と思われたかもしれません。


日本各地に有名な庭園はたくさんありますが、クロード・モネが愛した庭園を見る機会はなかなかないと思います。モネはフランスのジヴェルニー村にある自宅で大好きなお花に囲まれながら絵を描き、晩年を過ごしていたそうです。
モネがこよなく愛していた庭園を再現した場所が高知県北川村にある「モネの庭」マルモッタンです。


モネの庭.jpg
スタッフが何度も現地へ足へ運んだそうです。
完成度も高くフランス国外で「モネの庭」という名称が許可されている庭園は、日本でここだけです。


モネの庭A.jpg
「光の庭」、「花の庭」、「水の庭」の3つのゾーンから成り立ち、案内人付で見学をします。
庭園の横には絵画が飾ってあり、この作品からイメージを膨らませ作られています。
心配だったお天気。想像よりも小雨で一安心。
翌日から快晴の予報です。


宿泊先は高知城からも近く、木曜朝市の会場からも程近い「ザ クラウンパレス新阪急高知」
運良く翌日は木曜日。興味の駆る方は朝市も楽しめます。


皿鉢料理.jpg
高知の郷土料理「皿鉢料理」のお食事です。
お寿司、お刺身、カツオのたたきなど一つの大皿に入れ、大勢で取り分ける宴会料理でもあり、おもてなし料理でもあります。
お喋りをしながらゆっくり味わうため、女性の方はもとより、男性の方でも満腹になりますよ。


【2日目】
限られた時間ですが、桂浜、高知城と市内観光も忘れません。


桂浜.jpg
遥か太平洋の彼方を見つめる坂本龍馬像。


高知城.jpg
天守閣へと続く階段の上りが大変でしたが、頑張りました。


アイスクリン.jpg
高知名物、アイスクリン。アイスクリームではなく、アイスクリンです。
シャーベットとお伝えした方が分かりやすいかもしれません。
ゆず味はさっぱりとして美味しかったですよ!


高知県、香川県と走行し、瀬戸大橋を渡り岡山県に入ります。
ダイヤモンド瀬戸内マリンホテルで鯛しゃぶ膳のお食事です。


いよいよツアーのメインでもある、直島へ向かいます。
宇野港から出ているフェリーを利用します。
乗船時間は約20分です。
宇野港から近いため直島は岡山県と思いがちですが、実は香川県にある島です。


最初の見学地、地中美術館へ。
2004年に設立された美術館は、景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設されています。
作品数も決して多くはないのですが、ただ美術鑑賞をするだけではなく、体験をして楽しむ美術館です。
地下でありながら自然光が降り注ぎます。そのため、光の角度やその日の気候で作品の表情が異なります。
一日中いても飽きることがありません。
残念ながら館内は写真撮影不可。


昨日ご覧頂いたモネの庭の余韻を残しながら、実際の作品鑑賞です。
「睡蓮」の作品、5点展示してあります。
作品に合わせ安藤忠雄さんが設計をした美術館。
恒久設置のため、ご覧頂いた作品は直島でしか鑑賞することが出来ません。


パーク.jpg
宿泊はベネッセハウス パークです。
直島と言えばベネッセハウスは外せません。
直島を日帰り観光にし、宇野港周辺や高松周辺で宿泊することも考えましたが、アート三昧のツアー内容なのでベネッセハウスで宿泊をし、宿泊者でしか鑑賞することが出来ないアート作品に触れて欲しい・・・そんな思いからベネッセハウスでの宿泊にこだわりました。


ベネッセハウスは宿泊施設と美術館の複合施設です。
パーク以外にもミュージアム、オーバル、ビーチなどの名称がついた宿泊施設があります。
宿泊施設のどれもがお勧めなのですが、ミュージアムはその名前の通り、客室数の割合に比べアートスペースも多く、ここでしか出会えない作品を展示しています。
宿泊者は無料で鑑賞することが出来ます。シャトルバスを利用すれば、移動も楽々です。
せっかくなので私も鑑賞しました。


屋外作品.jpg
パークの敷地には屋外作品も多く展示しています。


夕食はフレンチ、広々とした開放的な空間でお食事を味わいます。
私達乗務員はベネッセハウスには宿泊をせず、民宿での宿泊です。
直島で宿泊をする際、民宿おかだが私の定宿。
ベネッセハウスからも近いため、何か緊急の場合があっても対処が出来るのは大前提です。
おかみさんが富山県出身の方で、私にとって直島のお母さん。


民宿おかだ.jpg
「富山弁が聞けてほっとする」と3年ぶりの再会です。
ベネッセハウスに泊まってみたい思いもありますが、お母さんに会いたい思いの方が正直強いのです。


【3日目】
ベネッセハウスの敷地に入ると最初に出会うアート作品。


南瓜.jpg
それは・・・
草間彌生さんの「南瓜」です。
今まで何度か“へた”が流れたそう。
個人的に草間彌生さんの作品は大好きです。


家プロジェクトの営業時間の関係上、また昼食後すぐフェリー乗船となるため、あまり時間が取れないことからターミナル近くにあるアート作品を鑑賞します。


赤かぼちゃ.jpg
草間彌生さんの「赤かぼちゃ」
中に入ることも出来ます。
フェリー乗り場にも近いことから最初に出会えるアート作品。


銭湯.jpg
実際入浴することも出来ます。
「I♡銭湯」(アイ ラブ 銭湯と言います)
像のオブジェもあるそう・・


家プロジェクトがある本村地区。
ここでは家屋そのものを作品化したアート作品が展示しています。
歯科医院兼住居であった建物をまるごと作品化した「はいしゃ」や碁をして交流を深めていた「碁会所」などの作品があります。
現代アートを面白いと思う方、中には理解しがたいと感じる方、捉え方は人それぞれ・・・
ただ言えることはここでしか出会えない作品です。


楽しかった直島旅から、倉敷美観地区へ移動です。
新幹線の手配の関係上、滞在時間は60分弱と限られた時間の中での観光です。
後楽園や岡山城の見学にすべきか迷いましたが、アートを柱にしたツアー内容のため、やはり大原美術館は外せない!と思い、倉敷美観地区を見学することにしました。


岡山駅から新幹線に乗車を新大阪駅での乗換えも無事終わり、ほっとした矢先、前を走る車両に小動物が衝突したと車内アナウンスが流れました。20分以上の遅れのため、予定していた新幹線には乗車出来ず、1本遅れの新幹線に乗車をする予定変更となりました。
最後の最後でトラブル発生となりましたが、この遅延以外は大きなトラブルもなく3日間終えることが出来ました。往路は航空機、復路はJR利用、フェリーに乗車、周遊観光のため、最後の最後まで予定通りツアーが進むか心配でしたが、皆様のご協力もあり、無事終えることが出来ました。


個人的に直島は好きで今回で6回目、ツアーとしては4回目です。
今回は直島を中心としたツアーとなりましたが、直島周辺には犬島、豊島などアートに関連した島はたくさんあります。機会があればツアーを造成したいと思います。
今回ご参加頂いた皆様、本当にお疲れ様でした。
また、ご一緒出来る日を楽しみにしております。(杉森沙織)






posted by KITANIPPON-TOURS at 2016年07月19日 19:23

東京歌舞伎座 七月大歌舞伎観劇バスツアー

皆様、こんにちは!
今月も行われました!北日本新聞旅行会では恒例となっている歌舞伎観劇ツアー。東京歌舞伎座・七月大歌舞伎観劇ツアーを7月8日(金)〜9日(土)の2日間の行程で催行させていただきました。

s-P1000412.jpg

今回は出演者が市川海老蔵さん、市川中車さん、市川猿之助さんと歌舞伎の舞台ではもちろん、テレビや映画などでもお見かけする機会の多い人気役者の方々が出演される公演でした。演目も『鎌髭』『景清』といった見てわかりやすい演目でしたので、今回の公演は、歌舞伎玄人の方はもちろん、初めて観るという方にもお楽しみいただけたのではないでしょうか。

s-P1000414.jpg

s-P1000413.jpg


2日目のオプショナルツアーでは、上野にあります東京国立博物館にて古代ギリシャ展をご覧いただきました。

ギリシャ展.jpg

今年は、ブラジルのリオデジャネイロで夏季オリンピックが開催されるとともに、1896年にギリシャ(アテネ)で最初の近代オリンピックが開催されてから120年にあたる年です。また、今回の特別展はギリシャ本国の作品のみによるものとしては、かつてない規模ということで非常に人気があり、入口は長蛇の列でした。

東京国立博物館.jpg


さて、2016年も折り返し地点を迎えました。北日本新聞旅行会での歌舞伎観劇ツアーは9月・東京歌舞伎座 秀山祭、11月・東京歌舞伎座 吉例顔見世興行そして12月・京都先斗町歌舞練場・吉例顔見世興行(現在、南座が改修工事中のため会場が変更となります。先斗町歌舞練場での公演は予定になりますので、詳しい事が決定し次第改めてご案内致します。)の3公演にて実施予定です。
9月の公演には人気役者の坂東玉三郎さんをはじめ、中村吉右衛門さん、市川染五郎さん、尾上菊之助さん、尾上松緑さんも出演される注目公演となっております。すでに弊社ツアーも募集は始めさせていただいておりますので、ご興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。


北日本新聞旅行会では皆様に安心・安全・満足の企画をお届けしたいと考えております。どうぞ本年も変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。皆様とお会いできることを楽しみにしております。(吉村 拓真)
posted by KITANIPPON-TOURS at 2016年07月11日 11:36

名古屋ボストン美術館「ルノワールの時代」展とメナード青山リゾートに泊まる 2日間

皆様、こんにちは。
杉森です。
ここ数日、暑い日が続きます。
こんな暑い日は爽やかな高原に行きたい!と思われている方へ三重県伊賀市にある青山高原、標高600mに位置するメナード青山リゾートはお勧めですよ。
個人ではなかなか行きにくい場所、6月下旬から7月上旬に見頃を迎えるラベンダー、美術展開催期間などを考慮し7月1日(金)出発日にしました。
17名様にご参加を頂きました。
誠にありがとうございました。
その時の模様をお伝えしますね。


【1日目】
今回もバスガイドはYガイドさんにお願いをしました。
7月と言えば七夕。


七夕.jpg
七夕をご用意頂きました。
風鈴や短冊、飾り付けもバッチリ!


ルノワール.jpg
名古屋ボストン美術館で開催中の「ルノワールの時代展」を鑑賞します。
アメリカボストン美術館で最も愛されている作品。
ルノワール《ブージヴァルのダンス》が11年ぶりに名古屋で公開されます。
ルノワール、モネ、ドガ、ゴッホが描く作品、合わせて89作品を鑑賞しました。


本来の予定では昼食後、美術鑑賞でした。
皆様、予定よりも早くご集合頂いたこと、スムーズに走行したお陰もあり、予定よりも早く名古屋に到着出来そうでした。
このままでは早く到着しそうだな・・・
レストランの営業時間の関係上、11時30分より早めに食事を取ることが出来ないし・・・
それならば、美術鑑賞後に食事を取る行程へ変更しました。
急な行程変更にも関わらず、快く変更を受け入れて頂きました。
本当にありがとうございます。


食事場所は、名古屋ボストン美術館と併設しているANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋でバイキングのお食事です。


ハーブガーデン.jpg
メナード青山リゾート内に広がるハーブガーデン。


ラベンダー.jpg
ハーブの女王、4万株のラベンダーが咲き誇ります。
ハーブガーデンに入った瞬間、人工的な嫌な匂いではなく、心が落ち着く優しい香りです。


レストラン.jpg
夕食は、ハーブガーデンで栽培された良質のハーブを用いた香り豊かなフレンチ。
ハーブだし、香りが強いのかな?と思っていましたが、そんな心配は無用でした。
添乗員は別食を取ることがほとんどですが、個人的にハーブを用いたフレンチに興味津々の私。


食事@.jpg


食事A.jpg


食事B.jpg
お客様と同席をさせてもらい、楽しい時間を過ごしました。


イルミネーション.jpg
通年ライトアップも行っています。
私のカメラではこれが限界・・・
一色のライトではなく、様々な種類の色が使用されており、昼間とは異なった雰囲気。


20時30分からホタル観賞もありました。
ホタル池に飛ぶ数匹のホタル。
静かな自然の中で優しい光を放っていました。


天然温泉の霧生温泉もお勧めです。
お湯が柔らかく、つるつるスベスベになります。


アメニティ.jpg
シャンプーやリンス、アメニティも全てメナード化粧品です。
メナード化粧品は利用したこともありませんが、せっかくになので使ってみることに!!
温泉+化粧水もおかげもあり、気持ちきれいになった様な・・・
外側だけでなく、内側からもきれいになれる、そんな施設でした。


【2日目】
椿大神社を参拝します。
三重県と言えば、伊勢神宮が最初に浮かびますが、伊勢の一ノ宮とも呼ばれる椿大神社は、地元では「椿さん」と呼ばれ親しまれています。


本殿.jpg
本殿まで距離は短いのですが、3つの鳥居をくぐります。


大黒天.jpg
恵比寿神や大黒天が祀られています。


導きの神様でもある、猿田彦大神をお祀りし、本殿の横は猿田彦大神の奥様をお祀りしています。
夫婦円満、恋愛成就にご利益があるそうですよ。


縁結びこんにゃく.jpg
お客様から縁結びこんにゃくを頂きました。
黒蜜ときなこをかけて食べるスイーツこんにゃく。
Wさん、ありがとうございました。


昼食は桑名の名物、はまぐり料理のお食事です。
揚げたてのフライ、お鍋などはまぐり尽くしのお食事にお客様は大満足でした。


はまぐり尽くし.jpg
私がブログアップを行っていることを知っているお客様から「杉森さん、きっと写真撮りたいと思うから撮っていいよ」と優しいお言葉を頂き、撮影した写真です。
Wさん、Nさん、本当にありがとうございます。


六華苑.jpg
最後の見学箇所、六華苑。
旧古河庭園や鹿鳴館を設計したジョサイア・コンドルさんが設計した洋館と池泉回遊式庭園を持つ、旧諸戸清六邸の総称です。
洋館や調度品を眺めていると大正ロマンを感じます。


庭園.jpg
庭園も散策出来ますが、本当に暑い日。
テラスから眺めるだけでも、新緑の美しさが分かります。


個人的に六華苑は好きな見学場所です。
三重県を観光し桑名市を通過する際、必ずと言っても良い程、ご紹介します。


何気なく予約表を見ていたら昨年の11月の日付になっていました。
自分が企画したツアー数は、正直数えきれません。
企画、各施設の手配など一連の流れがあり、お客様にお申込を頂き、ツアー当日を迎え添乗員として同行出来る喜び、やりがいのある仕事だと思いました。
お客様にも恵まれ大きなトラブルもなく、無事2日間終えることが出来ました。
これからも「参加したい」と思って頂けるツアーを企画していきたいと思います。
また、ご一緒出来る日を楽しみにしております。
ご参加頂いた皆様、本当ひありがとうございました。(杉森沙織)






posted by KITANIPPON-TOURS at 2016年07月04日 11:38