鎌倉アジサイ巡りと富士屋ホテルでのランチ、岡田美術館の旅

皆様、こんにちは!
北日本新聞旅行会では6月28日(火)〜29日(水)の2日間の行程で鎌倉・箱根のツアーを催行させて頂きました。
本日はそのツアーの様子をご紹介させていただきたいと思います。

【6月28日】
富山駅から北陸新幹線に乗り東京へ。
北陸新幹線が開通してからは本当に東京方面へ行きやすくなりましたよね。
東京駅に到着後は、貸切バスに乗り換え横浜へ。
今回のツアー最初の食事は横浜中華街にある聘珍樓にて中華ランチです。
この聘珍樓は日本に現存する最古の中華料理店なのです。

s-聘珍樓.jpg

横浜中華街にて昼食の後は鎌倉へ向います。
この時期の鎌倉はいたる所でアジサイが咲き、観光客を出迎えます。
中でも明月院は別名『あじさい寺』とも呼ばれ、境内にはいたるところでアジサイが咲き誇ります。

s-P1000391.jpg

s-P1000403.jpg

s-P1000402.jpg

明月院をあとにし、次に向かったのは長谷寺です。
この長谷寺も花の寺として有名で、約40種類・2500株が群生する眺望散策路では由比ヶ浜の海を見ながら アジサイの花を愛でることができます。他にも本尊の十 一面観音菩薩は、高さ9.18mを誇る日本最大級の木彫仏も参拝の見どころのひとつです。

s-P1000405.jpg

s-P1000406.jpg

この日最後の見学は鶴岡八幡宮です。源頼朝のゆかりの神社で武士の 守護神として有名で、別名「鎌倉八幡宮」と呼ばれることもあり、日本の三大八幡の一つとしても有名です。
s-P1000407.jpg
この長い階段の先に本堂はあります。

この日の宿泊のホテルは鎌倉プリンスホテル。
全室オーシャンビューで七里ヶ浜の海を一望できます。

s-P1000410.jpg
この日はあいにくのお天気でしたが、天気のいい日には目の前の海にたくさんのサーファーが見られます。



【6月29日】
2日目は鎌倉をあとにし、バスは一路箱根へ。
最初の見学地は箱根・小涌谷にあります、岡田美術館です。
岡田美術館は、実業家岡田和生氏がたゆまぬ情熱をかたむけて集めた日本・東洋の美術品と考古遺品などの文化財を公開する、私立美術館です。コレクションの中心は、近世・近代の日本画と、東アジア(中国・韓国・日本)の陶磁器ですが、そのほかにも、縄文土器から土偶・埴輪などの考古遺品、仏像や仏画など平安・鎌倉期の仏教美術品、蒔絵、ガラスなどの工芸品などと、時代や分野の幅はきわめて広く、名品、稀品が揃っています。

s-【画像@】K美術館外観.jpg

入り口には足湯カフェがあり、福井江太郎氏の「風・刻(とき)」という縦12m、横30mの巨大な壁画を眺めながら一休みすることもできます。


昼食は箱根にありますクラシックホテル「富士屋ホテル」にて洋食のランチコースをお召し上がりいただきました。

s-富士屋ホテル メインダイニング.jpg

s-富士屋ホテル 食事イメージ.jpg

ほかのお客様もいらっしゃって写真を撮影することができませんでしたのでホテルよりお借りした写真でのご案内にはなりますが、非常に素晴らしいメインダイニングでのお食事で気分もさらに盛り上がりますね。


今回のツアーも大きな事故もなく終えることができましたのもご参加の皆様のご協力の賜物です。

北日本新聞旅行会では皆様に安心・安全・満足の企画をお届けしたいと考えております。どうぞこれからも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。(吉村 拓真)


posted by KITANIPPON-TOURS at 2016年06月30日 18:29

北海道新幹線に乗車しました!

皆様、こんにちは!
杉森です。6月とはここ数日、暑い日が続きます。


身体に悪いと思いながらも、ついついエアコンのスイッチに手が伸びる私。
3月26日に開業したばかりの北海道新幹線に乗車してきました。
北海道新幹線に乗車したい!
そんな思いから企画をた新ツアーです。
往復共に新幹線利用の場合、どうしても移動時間がかかります。
楽しみは最後に残すタイプの私。移動時間を短縮する意味も込め、往路は航空機利用にしよう!
その際、羽田空港経由ではなく直行便を利用し、少しでも身体の負担をなくそう!!
梅雨のない北海道、観光にも適した6月に設定しよう!!!
色々な思いを込めたツアーに17名様の方にご参加を頂きました。
誠にありがとうございます。
北海道新幹線のチケット手配の関係上、20名様限定募集です。


【1日目】
富山空港より千歳空港まで直行便利用です。
11時55分出発のため、ゆっくり出発です。
1時間20分の空の旅を楽しんだ後、貸切バスの旅が始まります。


アイヌ民族博物館.jpg
アイヌの文化や歴史を分かりやすく紹介したアイヌ民族博物館を見学。
別名、ポロトタンとも呼ばれています。
ポロ=大きい、ト=湖、コタン=村の意味があります。
教えて頂かないと意味が分かりません。
実際、ポロト湖が目の前に見えます。


古式舞踊.jpg
独特のリズムで踊る古式舞踊を目の前で見ることが出来ました。


源泉数が日本一の登別温泉へ。
第一滝本館は登別温泉の中でも客室数が多く、6つの館があります。
大きいのは館内だけではありません。
温泉天国の名がつく通り、大浴場の広さに圧巻です。
男女合わせて1500坪、浴槽数も35、異なる7つの源泉が楽しめます。
嬉しいことに終日入浴可能!
漂白作用もあり、美肌の湯とも言われています。
私も気持ち、肌がきれいになった様な・・・想い込みは重要です。


【2日目】
登別温泉から観光を楽しみながら、函館に向かいます。
大沼国定公園までも約2時間かかります。
やはり北海道はでっかいどう!


大沼公園.jpg
日本新三景の大沼国定公園。
この場所は、名曲「千の風になって」の誕生地として有名です。
駒ヶ岳の噴火によって出来た3つの湖には大小126もの島があります。


ここからは函館に訪れたならば絶対外せない観光スポットを巡ります。
定番スポット@
五稜郭タワーです。
展望室に上がる前にタワー内のレストランでお食事です。


五稜郭タワー.jpg
高さ107mと決して高くはないのですが、きれいな星形を見るとやはり五稜郭だったのだと実感しました。


シースルー.jpg
シースルーになっている箇所もあります。


定番スポットA


トラピスチヌ修道院.jpg
フランスから派遣された修道女によって創立された日本初の女子修道院「トラピスチヌ修道院」


戒律のもとで修道女の方が生活をしています。
内部見学は出来ません。
外観のみの見学ですが、厳かな雰囲気に包まれていますが、聖母マリア様の彫像が優しく向かえてくれます。


資料館を見学している最中、突然ガタガタと揺れ出し・・・
実はこの時の私、地震が来たとは思っていませんでした。
近くに函館空港があるため、飛行機が通過をする度に多少揺れているのだと思っていました。
ところが携帯電話のエリアメールで「地震発生」
館内も「地震発生」と警報が鳴り響き、実感が湧いたのです。
幸いにも怪我をしたお客様は誰一人としておらず、緊張感が走る中で修道院を後にしました。
震度6弱にも関わらず、大きな被害が出なかったことに胸をなでおろしました。


定番スポットB
函館は全国でもいち早く開港した場所でもあります。


元町散策.jpg
西洋文化を取り入れ、異国情緒溢れる元町を散策します。
教会群や旧領事館が建ち並びます。


函館国際ホテルでチェックイン後、一旦休憩です。
再び、夕食会場まで移動します。


夕食.jpg
函館港が目の前に見えるレストランでフレンチの夕食。


夕食A.jpg
私もお客様と同席をさせてもらいました。


定番スポットC
函館観光と言えば、函館山の夜景を浮かぶお客様も多いと思います。
香港、ナポリと世界三大夜景とも言われています。


函館山ロープウェイ.jpg
函館山ロープウェイの乗車時間は約3分。
定員125名乗りのロープウェイです。


山頂はどうかな?
夜景は見れるかな??
添乗員として同行した以上、やはりきれいな景色を見てもらいたい!


真っ白.jpg
・・・祈りは届かず、ガスに覆われた山頂は真っ白でした。
私の添乗中にたびたび登場する、てるてる坊主のてる子ちゃん。
雨の予報でも、てる子ちゃんが効力発揮し晴れることも多かったのですが、今回は厳しかったです。
帰りのロープウェイはとにかく夜景が見える方向に立ち、一瞬でしたが夜景を楽しみました。


【3日目】


朝食が美味しいホテル.jpg
函館国際ホテルは朝食が美味しいホテルとしても人気です。


定番スポットD
市民の台所「函館朝市」

函館朝市.jpg
400軒もの店舗がひしめきあっている活気溢れる場所でした。


最後の最後のお楽しみ、北海道新幹線に乗車をします。


乗車券.jpg
もちろん私も初めてです。


北海道新幹線.jpg
あまりにも早く、新幹線の顔はうまく撮れず・・
オバケの様になっています。


新幹線車内.jpg
乗車するとすぐ、車掌さんより車内アナウンスが流れました。
「11時7分に青函トンネルを通過します。その際、電光掲示板にも通過の表示が流れます」


11時過ぎ、トンネルを通過する度、青函トンネルかと勘違いするお祭り状態の私。
正直、添乗員の立場を忘れていたと思います。
いよいよその時が来ました。
「青函トンネルを通過しました」と表示されました。


大宮駅まで4時間弱。


駅弁.jpg
駅弁大会で金賞を獲得した大玉ほたてとウニ弁当を味わい(ツアーでは各自昼食をお願いしています)、北陸新幹線に乗換え、富山駅に到着しました。
往路は航空機利用のため、タクシー利用し富山空港まで移動します。
それでも18時前。辺りはまだ明るく、肌寒い北海道に比べると、暑さを感じる富山。
蒸し暑さと同時に無事、戻ってきたのだと実感することが出来ました。


天候に恵まれなかった日もありましたが、大きなトラブルもなく、無事帰着することが出来たのも皆様のご協力の賜物です。ありがたいことに15日出発分に関し、非常に問合せも多く、今月28日出発分にて追加設定をしました。そちらも現在、19名様にお申込を頂いております。
今回ご参加頂いた皆様、本当にお疲れ様でした。
また、ご一緒出来る日を楽しみにしております。(杉森沙織)



posted by KITANIPPON-TOURS at 2016年06月20日 17:15

にっぽん丸で航く・輪島花火と佐渡島・青森クルーズ

皆さん、こんにちは!
杉森です。あっと言う間に6月突入です。


いきなり話は変わりますが、北日本新聞旅行会ではクルーズのツアーも企画しています。
一度は経験したい(ぜひ経験して欲しい)クルーズのツアー、旅行代金が高そう・・服装が心配・・とお声も頂きますが6月4日(土)出発・「にっぽん丸で航く・輪島花火と佐渡島・青森クルーズ 4日間」のツアー模様をお伝えします。
今後の参考にして頂ければ、非常に幸いです。
今回、14名様にご参加を頂きました。
誠にありがとうございます。


【1日目】
夕方乗船予定のため、バス出発時間も比較的ゆっくりです。
昼過ぎに出発し、七尾市にある一本杉通りへ。
600年以上も前、室町時代にはメインストリートの一つでした。
今は一本杉通りのみとなりましたが、北前船の寄港地でもあった影響で昆布や和ろうそく、醤油など昔ながらの名店が軒を連ねます。


キリコ会館.jpg
輪島キリコ会館。
巨大な燈籠が数点、展示しています。
2階は空中回廊にもなっており、上から見ることができます。


にっぽん丸.jpg
いよいよにっぽん丸に乗船です。
にっぽん丸は現在、日本一周中。
当ツアーでは輪島〜佐渡〜大湊までの区間乗船です。


花火@.jpg
和会席を味わった後、いよいよ花火観賞です。
この輪島市民大花火大会は、打ち上げ時間は20分と短いのですが、1分間での打ち上げ発数は日本一!!!
間延びすることもなく、16000発の花火が初夏の輪島に彩られました。
「きれい〜」と大歓声。


輪島出港イベント.jpg
花火の後は、いよいよ輪島港を出港です。
キリコ展示、太鼓の演奏など輪島市ならではのお見送り。


【2日目】
目が覚めたら、そこは佐渡島。
大きな島ですが、接岸する場所がないため、一旦デンターボートに乗換えをする通船の方法を取ります。


オプションの案内.jpg
オプションに参加される方、船内でのんびり過ごす方、過ごし方は様々です。
私はトキの森・佐渡金山・佐渡奉行所を見学するオプションに参加しました。
船内のイベントは客室に届く船内新聞を見て確認をします。
合わせてオプションの案内はこの様な用紙が届きます。


むつ市長.jpg
むつ市長や久慈観光協会の方々も乗船し、わが故郷をアピール!
下北半島のワインを試飲することも出来ました。
白・赤共に頂きましたが、飲みやすく美味しかったですよ。


輪島サイダー.jpg
客室に戻ると、サービスで輪島サイダーも頂きました。
ご当地ならではの商品は本当に嬉しいです。


佐渡から大湊まで距離もあるため、14時半には出港。
この日の夕食は洋食フルコース。
食のにっぽん丸なだけあります。


【3日目】
予定通り、大湊港に入港しました。


幼稚園児.jpg
岸壁には可愛い幼稚園児がお出迎え。
にっぽん丸を模った手作り帽子をかぶり、一生懸命手を振る姿、そして市長が下船した瞬間、「お帰りなさい」と大きな声で話す姿に笑顔がこぼれます。

この日の行程は、恐山霊場を参拝し薬研温泉で昼食、本州のてっぺんでもある大間崎を見学後、浅虫温泉で宿泊する内容です。下北半島は高速道が繋がっておらず、一般道を走行するため、この行程を周るだけでも浅虫温泉には17時到着予定です。
いよいよ下北半島の観光スタート。


恐山.jpg
日本三大霊場の一つでもある恐山霊場。
硫黄の匂い、岩山地帯を歩いていくと極楽浜に到着します。
正直初めて行った時は恐ろしい印象を持ちましたが、2度目の今回は意外に平気でした。


薬研温泉で昼食、大間崎へ向け走行中、バスが故障するアクシデントが発生。
300回近く添乗に同行していますが、こんな経験は初めてです。
国道や高速道で故障していないのは不幸中の幸いだと考えることにして・・・


大間崎.jpg
乗務員さんやバス会社、そしてなにより皆様の協力のお陰もあり、代車を利用し大間崎を見学。
予定時間よりも1時間弱遅れましたが浅虫温泉に到着することができました。


疲れただろうお客様からも「事故じゃないんだし、逆に大変だったね」と労いの言葉まで頂きました。
その言葉に救われると同時に、自分が逆の立場だったら言えるのかな?と考えさせられました。
思っているだけではなく、そぐ行動に移せる女性になりたいと改めて思いました。


【4日目】
宿泊をした海扇閣は、むつ湾を一望できる展望風呂が有名です。
夕食は前菜やお刺身、土瓶蒸し以外は自由に食事を楽しむハーフバイキング。
にっぽん丸滞在中、軽食サービスもあり、普段以上に食事の量が増えます。
また、御膳形式の場合、どうしても食事の量が多くなりますが、バイキングだど調整しながら味わえて良いのかな?と考え、今回この形式にしました。


斜陽館.jpg
太宰治の生家「斜陽館」を見学。今の金額に換算すると建築費は7〜8億円もかかるそう。
県木のヒバをふんだんに使用した和洋折衷の建物です。


岩木山.jpg
車窓から岩木山がきれいに見えました。
本当にこの4日間は天気に恵まれました。


新青森駅から東北新幹線に乗車し、大宮駅で北陸新幹線に乗換えをします。
富山駅には17時過ぎに到着。
「ゆっくり出発して早めに帰着するのは嬉しい」とお声を頂きました。


バスのトラブルがありましたが、添乗員として経験値をあげることができたこと、何よりお客様の言葉に救われた4日間でした。
今回ご参加された皆様、本当にお疲れ様でした。
また、ご一緒出来る日を楽しみにしています。(杉森沙織)









posted by KITANIPPON-TOURS at 2016年06月08日 11:54

ゆっくり訪ねる山陰 『砂の美術館』と『足立美術館』、国宝『松江城』と『出雲大社』をめぐる旅

皆様、こんにちは!
北日本新聞旅行会では6月2日(木)〜3日間の行程で山陰方面のツアーを催行させて頂きました。
本日はそのツアーの様子をご紹介させていただきたいと思います。

【6月2日】
富山駅から列車を乗り継ぎ鳥取県へ。
最初の目的地は鳥取砂丘・砂の美術館です。
鳥取で有名な観光地と言えば誰もが最初に思いつくのが鳥取砂丘ではないでしょうか?その鳥取砂丘すぐ隣にあり、ここ数年非常に注目されているのが砂の美術館です。
砂の美術館 入口.jpg

s-砂の美術館 入口砂像.jpg

砂の美術館の展示はなんと全て砂で造られているモニュメント。鳥取砂丘の砂を固め、毎年テーマを決めて展示物を仕上げます。
砂の美術館 製作工程.jpg

s-砂の美術館 入口看板.jpg
2016年のテーマ『砂で世界旅行・南米編』

砂の美術館 館内 (20).jpg

砂の美術館 館内 (23).jpg
【コルコバードのキリスト像】

砂の美術館 館内 (12).jpg
【伝説の黄金郷エルドラド】

どの作品も細部まで作りこんでいて、砂と水だけでできているとは思えないほどのクオリティーです。
ディティールに至るまで精巧に作られた作品は、鳥取砂丘の砂でしか作れないそうです。
砂の美術館 マチュピチュ.jpg
【空中都市マチュピチュ】

砂の美術館 マチュピチュA.jpg

砂の美術館 マチュピチュB.jpg


初日の宿泊旅館は三朝温泉「三朝館」
プロが選ぶ日本の宿100選にも選ばれる名旅館です。
この旅館は日本庭園風呂が目玉となっております。
三朝館 日本庭園風呂.jpg

日本庭園風呂.jpg


【6月3日】
2日目も目玉観光地が盛りだくさん。
まず最初は『足立美術館』です。「庭園もまた一幅の絵画である」という思いのもと、5万坪に及ぶ大庭園と横山大観コレクション、近代日本画の絶妙なる調和の美術館では、やすらぎという名の心洗われる時間が流れています。
足立美術館 日本庭園@.jpg

この日本庭園は米国の日本庭園専門誌『Sukiya Living Magazine/ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』において13年連続で庭園日本一に輝いています。
足立美術館 日本庭園A (5).jpg

足立美術館 日本庭園A (2).jpg

足立美術館 日本庭園A (3).jpg

足立美術館 日本庭園A (1).jpg

足立美術館 日本庭園A (4).jpg

さらに驚くことに、この庭園の手入れは全て足立美術館の職員の方でやっておられるそうです。毎朝8時から全職員で庭園内の落ち葉拾いや草むしり、掃除などを行い、9時の開館を迎える。この地道な積み重ねが13年連続の日本一に結びついているのでしょう。

足立美術館 ガイドツアー (1).jpg

足立美術館 ガイドツアー (2).jpg
学芸員の方からのガイドツアーの様子。館内の説明だけではなく、庭園の手入れの話など裏話も聞けるのがうれしいですね。


午後からは島根県へ移動し、昨年国宝に指定された松江城の堀川めぐりをお楽しみいただきました。
コースの全長は約3.7km、遊覧時間は約50分。平成9年の運航開始から、のべ400万人が乗船されている人気の遊覧船です。コースの途中にはいくつかの橋の下を通り、そのままの屋根の高さでは通り抜けられない為、屋根を低くして通り抜けるといった少し変わった体験もできます。
この日は松江市内の最高気温が27度と非常に暑かったのですが、水の上は非常に涼しく、時折吹く風が爽やかで気持ちよかったと言っていただけました。
松江堀川めぐり (2).jpg
船は1艘12人乗り。大人の男性が座ってぎりぎりの屋根の高さです。
松江堀川めぐり (3).jpg

松江堀川めぐり (1).jpg
今回の参加のお客様は24名様でしたので、ちょうど2艘分。添乗員は乗船できませんでしたので桟橋からお見送りでした。

2日目の宿泊旅館は玉造温泉『佳翠苑 皆美』です。
玉造温泉にある旅館の中でも指折りの名旅館で、こちらもプロが選ぶ日本の宿100選に選ばれています。
皆美 外観.jpg

こちらの庭園も足立美術館と同じく『Sukiya Living Magazine/ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』の日本庭園ランキングで7位に選ばれています。
この日はツアーの最後の夜ということもあり、この日のご夕食では皆様お酒も進んでおられました。
私も皆様とご夕食をご一緒させていただいたのですが、楽しい雰囲気とおいしい料理に夢中で写真は撮り忘れてしまいました・・・


【6月4日】
ツアー最終日の目的地は出雲大社です。
2013年に60年に1度の式年遷宮が執り行われたことでも記憶に新しい出雲大社にて、今回は特別祈祷を受けていただきました。
出雲大社 神楽殿.jpg

出雲大社 しめ縄.jpg
普段は入ることのできない神楽殿での特別祈祷。神聖な空気の中で貴重な体験ができたと、皆様満足のご様子でした。

出雲大社からは松江市内にて昼食を取り、岡山駅より列車を乗り継ぎ富山まで帰ってまいりました。
帰りの金沢駅では、ただでさえ短い乗継時間にも関わらず、列車の遅れで乗継時間が6分しかないアクシデントもありましたが、今回のツアーも大きな事故もなく終えることができましたのもご参加の皆様のご協力の賜物です。

北日本新聞旅行会では皆様に安心・安全・満足の企画をお届けしたいと考えております。どうぞこれからも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。(吉村 拓真)
posted by KITANIPPON-TOURS at 2016年06月06日 17:33