京都・南座 吉例顔見世興行観劇の旅

京都・南座、冬の風物詩でもある吉例顔見世興行が明日26日で千穐楽を迎えます。
吉例顔見世興行とは、京都の南座で毎年12月を中心に行われ、東西の名優が顔をそろえる華やかな歌舞伎の祭典です。劇場正面には出演する役者の名前を勘亭流で書いた“まねき看板”が上がり、京の人々が冬の到来を感じる風物詩でもあります。

2015年 まねき看板.jpg

北日本新聞旅行会でも12月17日に多数のお客様にご参加頂き、観劇ツアーを催行致しました。

南座赤ちょうちん.jpg

南座前にある赤ちょうちんがお客様をお出迎えしています。

2015年顔見世興行演目.jpg

ツアーでは夜の部を観劇。出演者のお名前を見ても豪華です。

夜の南座ライトアップ.jpg


いよいよ観劇の時間です。辺りは真っ暗になり、まねき看板もライトアップされています。
観劇席は一等席の中でも花道のすぐ隣で、演者さんの表情までよくわかり、お客様にも満足いただけたようです。

京都駅クリスマスツリー@.jpg


また、12月の京都ではイルミネーションも街のいたる所で見ることができます。
写真は京都駅に設置されているクリスマスツリーです。
ご宿泊ホテルのグランヴィア京都はJR京都駅に直結しているため、観劇後にホテルに入る前にご覧いただくことができました。

本ツアーをもちまして、2015年の北日本新聞旅行会のツアーは終了となります。本年も多くのお客様にツアーご参加頂きまして誠に有難うございました。2016年も皆様にお楽しみいただけるツアーを数多く企画していきたいと思いますので、今後とも北日本新聞旅行会のご愛顧を宜しくお願い致します。(吉村 拓真)
posted by KITANIPPON-TOURS at 2015年12月25日 17:04

神戸ルミナリエ・六甲枝垂れ・奇跡の星の植物館へ行ってきました!

皆さん、こんにちは!
12月、今年も残り数日となりましたね。
少し日が経過したのですが、12月4日(金)出発・「神戸ルミナリエ・六甲枝垂れ・奇跡の星の植物館」ツアーが無事、催行しました。
その時の模様をお伝えしたいと思います。


【1日目】
早朝から雷、強風と足元が悪い中、無事富山を出発しました。
彦根で昼食を取り、六甲山⇒ルミナリエ見学を予定しています。


スイセン.jpg
これは何?と思われた方、「スイセン」のお花です。
ベテランガイドのYさん。
ご自宅に植えてあるスイセンをバス車内で飾って頂きました。
一輪のお花があるだけでも車内が華やかに、そして香りに包まれます。


近江牛.jpg
近江牛のすき焼き仕立て。
お客様と食事内容は異なるものの、すき焼き仕立ては一緒です。
乗務員3名と「美味しいね」と言い合いながら楽しい食事時間を過ごしました。


展望台.jpg
自然体験展望台・六甲枝垂れ
1957年に開業した展望台が老朽化したため閉鎖になった跡地に建設された展望台です。総工費は約2億円だそう・・・

「山の上に立つ一本の大きな樹」がコンセプト。
ここでしか見ることが出来ない個性的な展望台です。
夜はライトアップもされます。
ただこの時期に見学をする際は、防寒対策は必要ですふらふら


宿泊先のホテルオークラ神戸に到着。
ルミナリエ会場入口まで約7分。観光するには立地も良く、お勧めのホテルですぴかぴか(新しい)


ロビーのクリスマスツリー.jpg
ロビーにはクリスマスツリーが飾ってあります。
個人的に冬生れのせいか、街中が一層華やかになる12〜1月は好きな季節です。


入口へ向かう.jpg
4日はルミナリエ開催日の初日と言うこともあり、平日に関わらずたくさんの方が並んでいました。
混雑緩和のため、迂回し進みます。
大丸デパートを違う箇所から何回も見て音楽が聞こえ始めると、入口まですぐ近くです。


ルミナリエ@.jpg
今年は日本初、屋外屋根付き回廊「ガレリアコベルタ」が目玉!


ルミナリエB.jpg


ルミナリエA.jpg
宝石箱を開けた様な煌びやかな景色が続きます。


ルミナリエC.jpg
一部のお客様と市役所の展望台まで上がり、上から眺めるルミナリエも違います。


ホテルオークラ神戸@.jpg
ルミナリエのツアーは今年で6回目、毎年私が添乗員として同行しています。
宿泊先はホテルオークラ神戸と決めています。35階建ての高層ホテルですが、レストランや宴会場 の関係上、客室の高層フロアーは33階になります。以前は10階のこともありましたが、年々高層となり、今年は33階で宿泊することが出来ました。ちなみに私たち乗務員は9階です。
「景色が良かった」とお客様も大満足でした。


【2日目】
バス車内でガイドさんがモーニングコーヒーをご用意して頂きました。
このコーヒー、ただのコーヒーではありません!


金箔入りコーヒー.jpg
なんと金箔入り。優雅な気分を味わった後、明石海峡大橋と通り、淡路島に行きます。


奇跡の星の植物館で開催する「クリスマスフラワーショー」を見学します。
植物館は日本最大級の規模を誇ります。


奇跡の星の植物館と昼食場所でもある、ウェスティンホテル淡路は併設しています。
ホテル内に安藤忠雄さんが設計をした「海の教会」があります。
天井からは十字に太陽の光が差し込み、厳かな雰囲気を盛り上げます。
写真があれば、イメージが付きやすいと思うのですが、説明をしながら写真撮影することが難しく・・・想像を膨らませてみて下さいぴかぴか(新しい)


この日、11時からチャペルを利用するため、それよりも前に到着をすれば見学可能と伺っていました。
どうかな?と思っておりましたが、無事、ご覧頂くことが出来ました。


奇跡の星の植物館@.jpg


植物館A.jpg
10mのホワイトツリー、スイセン、カサブランカなど白を中心としたフラワーショー。


ホテルで松花堂のお食事をとり、富山へ戻りました。
敦賀を走行中、どんどん天気が悪くなり、雨がポツポツ、淡路島での青空が信じれません。
バス車内が暖かいお陰でスイセンの花が開き、富山へ戻る頃は満開でした。


今年は12名様と少ないご参加となりましたが、他の旅行会社では12名と少人数で出発させることは難しいとは思います。とにかく「楽しい2日間でした」とお声が頂けた時は、本当にツアーを出発させて良かったと思いました。
私にとって年内最後の添乗業務でした。大きなトラブルもなく無事戻ることが出来たのも皆様のご協力のおかげです。最後に数ある旅行会社の中で当社のツアーを選んで頂けたこと、本当に嬉しく思います。(杉森沙織)



posted by KITANIPPON-TOURS at 2015年12月17日 11:36

新江ノ島水族館「ナイトワンダーアクアリウム2015」・岡田美術館・古都 鎌倉紅葉めぐり

「新江ノ島水族館『ナイトワンダーアクアリウム2015』・岡田美術館・古都 鎌倉紅葉めぐり 2日間」ツアーが無事、催行しました。添乗員として私、杉森が同行しました。


昨年33万人が来場した夜間イベント、新江ノ島水族館で開催中の「ナイトワンダーアクアリウム」を見学します。ナイトワンダーアクアリウムって何??と思われるお客様も多いと思いますが・・・造形物に映像を投影し、美しい幻想的なアート空間を楽しむイベントです。


今夏、何気なくテレビを見ていたら、このイベントが紹介されていました。その映像に魅了された私、絶対ツアーを造成したい!!!と思いました。江ノ島なら鎌倉で宿泊う、女性誌にも取り上げられている岡田美術館も含めて、富士屋ホテルでコース料理のお食事もどうかな?・・・と色々考えながらも自分が納得した上でお勧めする内容です。
19名様のお客様にお申込みを頂きました。
誠にありがとうございました。


【1日目】
往復北陸新幹線を利用します。
旅の楽しみと言えばお食事。


聘珍楼.jpg
初日の昼食は、横浜中華街「聘珍楼」。
こちらは、日本に現存する最古の中国料理店です。


老舗のレストランでお食事を楽しんだ後、鎌倉へ。
この時期に紅葉?と思われるかもしれませんが、標高は高く無いため、一般の紅葉のイメージより少し遅めの時期が見頃です。


円覚寺.jpg
鎌倉五山第位の円覚寺。


鎌倉を代表する名所「鶴岡八幡宮」で参拝。


ナイトワンダーアクアリウム.jpg
新江ノ島水族館へ。
ウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」は、世界的にも注目されているアート集団です。
NHK大河ドラマ「花燃る」のオープニング映像も手掛けています。


マッピング@.jpg


マッピングA.jpg
魚の動きに合わせ美しい花々が咲き乱れる巨大なアート空間へと変化します。


お描き水族館.jpg
お絵かき水族館。スキャンをしタッチすると不思議なことに絵が動きます。
子供たちは大興奮してました。


鎌倉プリンスホテル.jpg
鎌倉プリンスホテルで宿泊。
全室、七里ヶ浜が正面に見えます。


館内はクリスマスムードに包まれていました。
今の時期、どこも彩られた煌びやかな雰囲気は気分まで盛り上がります。


【2日目】
個人的にも興味があった岡田美術館。
美術館が多い箱根でも屈指の広さを誇ります。
5階建ての館内。とにかく広い!!!


岡田美術館.jpg
風神雷神が描かれるなど、琳派は岡田美術館の柱です。
2013年10月に開館したばかりの岡田美術館は、実業家岡田和生さんが収集した日本・東洋の美術品を公開する美術館です。収蔵品の中心は、近世・近代の日本画と東アジアの陶磁器ですが、その他にも土偶や埴輪、ガラス、蒔絵など幅広い時代・分野の作品が含まれます。


館内は暗いですが、逆に美術品が際立ちます。


足湯.jpg
有料ですが、足湯もあります。
100%源泉掛け流し。疲労回復にはぴったり!?


美術館見学後は、優雅なランチタイム。


富士屋ホテルA.jpg
130年以上の伝統と格式がある富士屋ホテルでお食事です。


富士屋ホテル.jpg
私も同席させて頂きました。


天井図.jpg
見上げると・・・花々が描かれている天井図も素敵です。
前菜、スープ、パン、メイン、デザートと続きます。


東京駅にはほぼ予定通り到着。


KITTE.jpg
一部のお客様と東京駅丸の内駅舎が見えるKITTEの屋上庭園をご案内しました。


皆様のご協力もあり、2日間のツアーを無事、終えることができました。
「とても楽しかった」「内容が素敵だった」とお声を頂きました。
ありがたいことに初めてご参加頂いたお客様もいらっしゃいました。
このツアーをきっかけに、今後もご利用頂ければ嬉しく思います。
また、ご一緒できる日を楽しみにしております。(杉森沙織)








posted by KITANIPPON-TOURS at 2015年12月03日 15:57