不帰嶮から唐松岳縦走

こんにちは!北日本新聞旅行会の黒木です。

8月5日から1泊2日で不帰嶮(かえらずのけん)から唐松岳縦走に行ってきました。
不帰嶮は槍ヶ岳〜北穂高岳間の大キレット、鹿島槍ヶ岳〜五竜岳間の八峰キレットと並ぶ北アルプスの3大岩稜ルートの一つとして知られる難関コースです。
今回は1泊2日というコンパクトな行程で、猿倉から白馬鑓温泉、天狗山荘を経由して、不帰嶮を唐松岳に抜けていきます。
ガイドは寺田ガイド、ご参加のお客様の中には昨年の弊社ツアーで天候悪化で敗退し、そのリベンジで再度ご参加頂いた方も数名いらっしゃいました。ありがとうございました。

1日目

猿倉から白馬鑓温泉に向けて樹林帯の中を歩きます。
IMG_0882.jpg

IMG_0884.jpg
シモツケソウ。
IMG_0887.jpg
ハクサンコザクラ。ルート上は高山植物があふれ、1500mの辛い登りの慰みになります。

正午になると雷雲が発生し、一時大雨に降られましたが白馬鑓温泉でやり過ごすことができました。
夏山はこの雷雲が一番の強敵、、といえるでしょう。

IMG_0889.jpg
急登の終盤。ようやく稜線が見えてきました。後少し!

IMG_0892.jpg
稜線上はウルップソウが!国内ではこの白馬エリアを除くと、北海道と八ヶ岳でしか見られない希少な花です。

IMG_0894.jpg
小屋の向こう側には虹が出現し、素敵な夕暮れを演出してくれました。

IMG_0895.jpg
天狗山荘名物の鍋。こんな山の中で、一人ひとつずつの鍋が振舞われるなんて!とお客様も感動されていました。

2日目

IMG_0898.jpg
朝焼け!晴れました!とりあえず、昨年のように天候悪化の為の敗退はなくなりました。
これから待ち受ける岩場を前にお客様も緊張された顔持ちで小屋を後にします。

IMG_0900.jpg
朝日に輝く不帰嶮。

IMG_0902.jpg
不帰嶮をバックに、ヘルメット姿の自分を自撮りしてみました。たまには(笑)

IMG_0903.jpg

IMG_0905.jpg
不帰嶮2峰の登り。一瞬の気も抜けない岩場が続きます。

IMG_0909.jpg
寺田ガイドの適切な指示で着実に登っていきます。

IMG_0910.jpg

IMG_5401.jpg
2峰南峰にて記念写真。核心部を終え、少しホッと一息。

2峰北峰、3峰、唐松岳のアップダウンを超え、唐松岳頂上山荘に到着。
IMG_0912.jpg

この後は高山植物の咲く花を楽しみながら、るんるんと下山しました。
IMG_0916.jpg
私の一番好きな花、タカネマツムシソウ。

快晴の中で、全員が無事に不帰嶮を通過することができ、本当によかったです。
寺田ガイドの岩場ガイドは私にとっても、とても勉強になりました。ありがとうございました。

今後もみなさんがいつかは歩きたいと思っているような岩場コースを企画していきたいと思います。
また一緒に登りましょう!

黒木
posted by KITANIPPON-TOURS at 2015年08月31日 15:08

中央アルプスゆっくり登頂

7月25〜26日、中央アルプスの盟峰『木曽駒ケ岳』のツアーが催行されました。
DSC_6599.jpg
20名様のご参加、誠にありがとうございました。

北陸道⇒国道148(白馬)⇒長野道⇒中央道⇒駒ケ根IC⇒駒ケ根高原菅の台へとバスで移動。
DSC_6364.jpg

今回ガイドしてくださる、境澤 清人さんとここで合流です。
DSC_6416.jpg
ガイド歴が長く中央アルプスを熟知されている、信頼のおけるガイドさんです。

そこからシャトルバスに乗換え、しらび平へと移動、ロープウェイで千畳敷へ、
DSC_6368.jpg
そこからの歩行となります。
DSC_6373.jpg
(中央上のお山が宝剣岳)
DSC_6384.jpg

DSC_6374.jpg
画像中央のジグザグ道を登ってゆきます。
DSC_6389.jpg
八丁坂分岐、ここからジグザグの急登が始まります。
DSC_6394.jpg
石で積まれて作られた階段を登ります。
DSC_6398.jpg
たくさんの人で擦れ違いにも一苦労です。

歩き始めて75分、稜線に出ました。
DSC_6407.jpg
宝剣山荘前で休憩後はしばらくはなだらかな道を歩きます。

振り返ると、宝剣岳と宝剣山荘が見えてます。
DSC_6408.jpg
うーーん、カッコイイ山容ですね!

花崗岩がゴロゴロしている道を登ると
DSC_6410.jpg

DSC_6413.jpg
中岳に到着です。

ここまで来て、やっと木曽駒ケ岳が見れました。
DSC_6423.jpg
中央アルプスの盟峰に相応しい、いいお山です。
一旦画像中央の鞍部まで下り
DSC_6425.jpg
分岐を左折します。
DSC_6428.jpg

中央上に小屋が見えてきました。
DSC_6437.jpg
今日のお宿、頂上木曽小屋です。

おおーっ、これは・・・
DSC_6610.jpg

DSC_6432.jpg
木曽駒ケ岳でしか見られない、固有種のヒナウスユキソウです。
可憐でとっても可愛らしいお花、私は大好きです。

野草の女王、コマクサ
DSC_6447.jpg
その中でもわずかしか見られない、シロバナコマクサ。ここでは目の前に見ることができます。
DSC_6448.jpg
「今年も君に会えたね黄ハート

小屋に到着です。
DSC_6449.jpg

今日のお部屋はこんな感じ
DSC_6469.jpg
まあまあの混み具合でしたが、布団は一人/1枚もらえました。

今日の夕飯は、小屋名物『カレーライス』
DSC_6478.jpg

DSC_6475.jpg
お替り自由の美味しいカレーです。

小屋前からの素晴らしい夕景です。
P1310048.jpg
宝剣岳〜空木岳〜南駒ヶ岳

大災害が記憶に新しい、御嶽山
P1310046.jpg
ダイヤモンド御嶽山

<あまりにも夕景が美しいので、急いで山頂へ行ってきました。
DSC_6496.jpg
穂高連峰〜槍ヶ岳

DSC_6501.jpg
甲斐駒ヶ岳〜仙丈ケ岳〜北岳〜間ノ岳〜農鳥岳〜富士山

DSC_6503.jpg
富士山〜塩見岳〜悪沢岳〜赤石岳〜聖岳

御嶽山・・・噴煙もしっかり見えています。
P1310070.jpg
明日のご来光がたのしみだあー!


7月27日 天気:晴れのちくもり

予想通りの素晴らしい朝です。
DSC_6522.jpg
午前4時15分集合、山頂へ出発!

DSC_6533.jpg
4時25分、山頂に到着です。

そこには素晴らしい朝焼けが待っていました。
DSC_6531.jpg

DSC_6529.jpg
ご来光はもうすぐ・・・

DSC_6537.jpg
富士山

DSC_6556.jpg
御嶽山も

DSC_6557.jpg
錫杖岳〜笠ヶ岳〜黒部五郎岳も

DSC_6553.jpg
奥穂高〜槍ヶ岳〜立山〜剣岳も
朝日に染まっています。

雲に覆われてていますが・・・
DSC_6549.jpg
ご来光
DSC_6566.jpg

いつもでも見ていたいこの光景・・・
DSC_6571.jpg
〔水野春郎風に・・・〕 ・・・いや〜、山ってホントにいいもんですね♪

おおーっ、これは・・・
DSC_6578.jpg
影木曽駒ヶ岳
くっきりすっきり影が出てますね!

この雲海と北アルプスも私のお気に入りの一枚です。
DSC_6583.jpg

一旦小屋に戻り、暖かい朝食を食べての出発です。
DSC_6596.jpg
とても親切だった小屋のスタッフさんのお見送りです。

復路は山頂を経由します。
DSC_6599.jpg
素晴らしい山頂での集合写真、宝剣岳〜空木岳〜南駒ヶ岳がくっきり映ってます。

DSC_6618.jpg
中岳からもこの素晴らしい眺望。

DSC_6631.jpg
宝剣山荘前で。後ろの宝剣岳のピークには人が・・・

ここからはジグザグの急坂の下りになります。
DSC_6644.jpg
石を落とさないよう気を付けて・・・

DSC_6648.jpg
見上げると宝剣岳とお花畑が
DSC_6649.jpg

DSC_6653.jpg
うーーん、気持ちいい!

お花もいっぱい咲いています。
DSC_6659.jpg
コバイケイソウ

DSC_6663.jpg
クロユリ

DSC_6664.jpg
アオノツガザクラ

DSC_6665.jpg
キバナノコマノツメ

DSC_6667.jpg
ミヤマカラマツソウ

あっという間に千畳敷駅に到着です。
DSC_6668.jpg

ロープウェイに乗り、暑い暑い下界へ!
DSC_6669.jpg

天空は涼しく、ヒナウスユキソウやシロバナコマクサといった高山植物もたくさん見れました。
素晴らしい夕陽・朝陽と360度の眺望に今回も記憶に残るツアーとなりました。
また皆様とご一緒できる日を心より楽しみにしております!

Carpe Diem! いまを楽しもう!

担当:辻 正弘
posted by KITANIPPON-TOURS at 2015年08月24日 07:01

黒部五郎岳・鷲羽岳・水晶岳・烏帽子岳 大縦走

北日本新聞旅行会の黒木です。
7月31日〜8月3日で折立から黒部五郎岳・鷲羽岳・水晶岳・野口五郎岳・烏帽子岳を縦走しました。
全歩行距離がなんと約50qの体力自慢のロングコースです。
体力自慢の7名様にご参加頂きました。ありがとうございました。
ガイドは寺田氏、黒木はツアーリーダーとして参加しました。

1日目
この日は折立から薬師岳の好展望地・太郎平まで4時間の道のりです。

IMG_0812.jpg
快晴の中を歩きます。汗ダクダクでした。

IMG_0814.jpg
木道脇に咲くチングルマ。

IMG_5298.jpg
太郎小屋脇に咲くコバイケイソウ。夕日が当たってきれいです。

IMG_5333.jpg
太郎平の夕暮れ。今回の目的地の一つ、水晶岳から大きな満月がひょっこりと顔を出していました。この反対側では、太陽が沈みこむという奇跡のような瞬間が!多くの登山者がこの光景に見とれていました。本当によい時間を過ごせました。

2日目
今回一番のハードな日です。黒部五郎を経て三俣山荘まで行きます。

IMG_0819.jpg
朝食は弁当にして4時半に出発

IMG_0822.jpg
ハクサンイチゲが咲く道を抜けて、、、

登って登って、

IMG_0827.jpg
黒部五郎岳!

IMG_0833.jpg
黒部五郎岳からの眺め。水晶岳と薬師岳が仲良く並んでいます。

IMG_0831.jpg
黒部五郎岳のカールに流れる沢で思いっきり水浴び!この後の三俣蓮華超えに備えます。

IMG_0839.jpg
三俣山荘での夕食。着いたときはみなさん、ヘトヘトでした。

IMG_0837.jpg
夕食はジビエ料理。北アルプスでは近年鹿害に悩まされており、かなりの頭数が駆除されています。
駆除された鹿は、ほとんど廃棄されているとう事実を憂いた三俣山荘は、少しでも宿泊者にジビエ料理として食べて貰うことで、自然界に思いを馳せて欲しいと考えているそうです。

IMG_5365.jpg
今日も夕焼けがきれいです。入道雲が夕日に当たって輝いています。生き物のようでした。

3日目
出発していきなり、鷲羽の400mの登り!
IMG_0842.jpg

IMG_0843.jpg
途中、シコタンソウにも出会えました。

IMG_5388.jpg
遂に水晶岳!ここを登るために参加されたお客様もいらっしゃいました。
私は5年前に初めて登った時が悪天であった為、今回快晴の中の登頂ができ、改めていい山だと思いました。

鷲羽、水晶を経ても今日はまだ終わりません。
野口五郎岳が待っています。

IMG_0854.jpg
青空に砂地の白が映える美しい山です。

IMG_0860.jpg
野口五郎小屋。素朴でアットホームな素敵な小屋でした。

IMG_0862.jpg
水も手に入らないエリアでこのご馳走!漬物もおいしいと評判でした。

4日目
最終日は烏帽子岳をピストンして、北アルプス三大急登のブナ立尾根を降りました。
IMG_0876.jpg

7末〜8月初めは梅雨明けの最も晴れる時期として知られていますが、ここ数年はぐずついた天気になることも多かったような気がします。でも!今年は晴れてくれました。しかも午後も雷・雨が一切なく、夕焼けもばっちり!山の神様に感謝です。

今回このハードコースを歩き切った皆様、本当にお疲れ様でした。
夏山もまだ始まったばかり、この後もたくさん登ってエンジョイしてくださいませ!

黒木























posted by KITANIPPON-TOURS at 2015年08月17日 14:33

爺ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳ゆっくり登頂

皆さん、こんにちは!
8月9日(日)出発・「爺ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳ゆっくり登頂 3日間」ツアーが無事、催行しました。
10名様にご参加を頂きました。
誠にありがとうございます。
吉田はガイドとして、私、杉森が添乗員として同行しました。


体力のある方は1泊2日、もしくは日帰りで登る方もいるそうですが、ゆっくり登頂のツアータイトルの言葉通り、標準コースタイムよりゆっくりペースで登ることはもちろんのこと、種池山荘、冷池山荘で宿泊をします。もし初日、体力的に厳しい場合、種池で待つことも出来る!と考えられたコース内容です。


鹿島槍ヶ岳は南峰・北峰と2つのピークを持つ双耳峰の山です。
天気予報は3日間好天の模様。
その時の様子をお伝えしたいと思います。


【1日目】
針ノ木雪渓を登る 針ノ木岳〜岩小屋沢岳を縦走するツアーも同じバスを利用します。
扇沢ターミナルで一旦別れ、次に会うのは無事下山した時。


登山前.jpg
登山前、もちろん余裕の笑顔です。


登山道も整備され、非常に登りやすいのですが、とにかく暑さとの戦い。
女性の方は合わせて紫外線との戦い。
とにかく暑い日でした・・


針ノ木.jpg
針ノ木雪渓の涼しさを分けて欲しい、そんな気持ちで登っていました。


石畳.jpg
一枚岩、石畳、水平道と分かりやすい標識が続きます。


ガレ場.jpg
ガレ場手前、危険個所であることに気を引き締めます。


ガレ場を歩く.jpg
石の音を聞くこと、お喋りは禁止、間隔を空けること!


種池山荘手前.jpg
富士見坂、鉄砲坂と上り坂が続き、登ること数分、種池山荘に到着しました。
コバイケソウ、ハクサンフウロがお出迎えしていました。


種池山荘、冷池山荘は、共に改装して10年弱のため、とてもきれいな山小屋です。


【2日目】
4時過ぎには起床。


鹿島槍を望む.jpg
鹿島槍ヶ岳も「早く登っておいで」と言われているみたいです。


鹿島槍へ向け出発.jpg
朝食後、いよいよ出発。


登り始め10分。
一気に景色が変わりました。


剱岳.jpg
目の前にどっしりとした剱岳です。


剱岳を望む.jpg
剱岳の前で集合写真。


奥穂〜槍.jpg
剱岳ではありません。
穂高〜槍ヶ岳も見ることができました。


爺ヶ岳山頂.jpg
爺ヶ岳山頂です。


冷池山荘で不要な荷物を置き、鹿島槍ヶ岳へ向かいます。


猿.jpg
あれ?と思うとお猿さん。


鹿島槍ヶ岳は目の前の山?
と思われるかもしれませんが、手前は布引岳。ここを越えないと鹿島槍ヶ岳の山頂には立てないのです。
布引岳から鹿島槍ヶ岳まで約1時間。


つづら折りの道を登ること、数分・・
鹿島槍ヶ岳山頂に到着!!


鹿島槍ヶ岳山頂集合写真.jpg
本来ならば目の前に剱岳が見えるはずなのですが、ガスがかかり全容を見ることが出来ません。
慌ただしい行程でもないのでしばらく様子を見ることにしました。頑張って30分弱粘りましたが、残念。
私ごとになりますが、実は前回登った際、靴擦れを起きて痛かったと苦くて辛い思い出の山でした。
今回はその嫌な思い出を払拭することが出来ました。


テンポよく下山をし、14時半過ぎには山荘到着。

夕食まで時間があるので、テラスで景色を眺めるのも良し!
ビールで祝杯するのも良し!
談話室でお喋りを楽しんだり、読書をしたり・・山時間を楽しみました。


【3日目】

下山.jpg
最終日も剱岳〜立山を眺めることが出来ました。


2015_0811_07284800.jpg
高山植物の女王「コマクサ」と富山を代表する「剱岳」の共演!


種池山荘到着後、針ノ木チームと2日振りに再会。
一緒に歩くとすれ違いをするにしても大変なので、わざと時間差をつけます。


下界では味わえない景色に出会い、達成感を味わった皆様の笑顔は輝いていました。
荷物をずっと背負い、頑張ってくれた自分の身体を労わるにはお風呂が一番。

ご参加頂いた皆様、本当にお疲れ様でした。
また、ご一緒出来る日を楽しみにしております。(杉森沙織)



posted by KITANIPPON-TOURS at 2015年08月12日 16:53

乗鞍岳(最高峰・剣ヶ峰)全員登頂しました!

みなさん、こんにちは!
8月2日(日)出発・「乗鞍岳登頂」ツアーへ添乗員として同行した杉森です。


乗鞍岳へはマイカー規制のある乗鞍スカイラインも貸切バスを利用すれば乗換することなく、登山口まで行くことが出来ます。気軽に3000m級の山を楽しむことが出来ます。

乗鞍岳は日本の活火山では3番目に高い山です。ちなみに1位は富士山、2位は御嶽山。
標高で言えば、日本で19番目に高い山。ちなみに立山は20番目。
展望はもちろんのこと30種類近い高山植物との出会いも楽しみな乗鞍岳のツアー模様をお伝えします。
植物ガイドの鎌仲さんが先頭を歩き、中間にガイドとして吉田、後方は杉森が歩きました。
今回は23名様にご参加頂きました。
誠にありがとうございます。


説明をする吉田.jpg
乗鞍スカイラインを通過している時から、奥穂岳、槍ヶ岳、笠ヶ岳もばっちり見ることが出来ました。
あまりの眺望の良さに、説明にも力が入る吉田です。


ほぼ予定通りに肩の小屋口に到着。
気軽に行けるとはいえ、一気に2600mも上がると高山症状が発症することも考えられます。
とにかく、すぐ走らない!ゆっくり行動することが大切です。


登山開始.jpg
ストレッチ後、肩の小屋口まで登ります。
雪渓ではスキーを楽しむ人たちが多くいました。雪渓の側は涼しい〜


肩の小屋から開始.jpg
標準コースタイムは約20分。
可憐な高山植物に出会うため、私達は倍以上の45分かけ到着しました。


ヨシバシオガマ.jpg
紫色が目を惹きます「ヨツバシオガマ」


ウサギギク.jpg
ウサギの形に見える「ウサギギク」


イワギキョウ.jpg
イワギキョウ


イワツメクサ.jpg
奥ゆかしく咲いている「イワツメクサ」
ハクサンイチゲ、ミヤマキンバイなども出会いました。


剣ヶ峰へ向かう.jpg
いよいよ最高峰、剣ヶ峰へ向かいます。
乗鞍岳と言っていますが、最高峰は剣ヶ峰。


大勢の登山客.jpg
砂礫の道が続きますが、整備されているとても登りやすい道です。
日曜日、快晴ともあって大勢の登山客がいました。
ファミリー登山も多く見かけ、幼稚園児なのかな?チビッ子も頑張って登っていました。


コマクサ.jpg
高山植物の女王「コマクサ」
咲くまで5年はかかると言われています。
炎天下でも強風の中でもじっと耐える姿に力をもらえるみたいで個人的に高山植物の中で一番好きです。


集合写真.jpg
蚕玉岳で集合写真を撮影。
山頂はとても狭く、集合写真を撮影するのは他の方にも迷惑がかかるのでここで撮りました。
ここから山頂まで約15分。

登ること15分。


山頂.jpg
山頂に立ちました!!
槍ヶ岳、穂高岳、焼岳、笠ヶ岳がきれいに見え、一生懸命説明をする吉田の側で、実は私、山頂手前で少し体調が悪く折角の景色の写真を撮影していないのです・・・もうやだ〜(悲しい顔)


個人的に乗鞍岳は3度目。
今までガスがかかり景色を楽しむことが出来ず、残念だったのに・・・体調管理は重要です!
その後、私の体調は回復しました。


肩の小屋口まで下山すること約50分。あっーと言う間に到着。


畳平に向かいます。


山頂を振り返る.jpg
数時間前にいた山頂を振り返り・・・
つくづく自分の脚を褒めてあげよう!


お花畑.jpg
歩くこと30分弱。


お花畑を散策.jpg
お花畑に到着。
お花畑を歩かないお客様と一緒にバス駐車場へ向かったため、遠くから撮影をした散策風景です。


写真タイム.jpg
畳平からバスを走行していると、あまりに山並みがきれいだったので急遽、ストップし写真撮影。


天気予報では午後から崩れる予報でしたが、雨が降ることなく充実した1日を過ごすことが出来ました。
平湯温泉で疲れを癒し、無事富山へ戻りました。
昨年、同ツアーへ参加されリベンジ登山となったお客様も数名いらっしゃいましたが、本当に昨年に引き続きご参加を頂き、誠にありがとうございました。
大きなトラブルもなく、無事戻ることが出来たのも皆様のご協力があってこそです。
皆さんも体調管理にはくれぐれも注意をして頂き、楽しい山旅をしましょう!(杉森沙織)




posted by KITANIPPON-TOURS at 2015年08月03日 18:03